女性におすすめの印鑑

印鑑を購入する際に選ぶ主なポイントとしてサイズ、素材、書体があります。まず、女性の印鑑のサイズは男性の印鑑と比べて小さいものを作る傾向があります。女性の手に合うということもありますし、小さい印鑑を使うことで控えめで真面目な印象を与えるという意味合いもあります。

もし夫婦で作る場合は夫よりも小さめに作ることで夫を立てるという意味にもなります。また、印鑑には大きく認印、銀行印、実印の三つがあります。重要な順にサイズを変え、最も重要な実印を一番大きく作る傾向があります。

そして銀行印、認印の順に小さくします。素材に関しては、見た目はもちろん値段や捺印性も異なってきます。印材の種類は色々なものがあり、琥珀、チタン、黒水牛など様々です。また、水晶やパワーストーンを加工して作られた見た目にも綺麗な印鑑もあります。

女性の実印として良く見られるのが琥珀で、マーブル模様のオレンジ色をした水晶のような印材です。琥珀は高級素材なので、値段も高くなります。低価格のもので言うと、角素材の白水牛は耐久性が高く比較的手ごろな値段なので手に入れやすいです。

書体については、どれも同じように思われがちですが、書体は印鑑を購入する際にとても重要なポイントです。なぜなら、書体には安全面と印象が関わってくるからです。実印は法律上において非常に効力が強い印鑑です。そのため、偽装されたり悪用されたりといったことを避けるために複製しにくい書体にすることが一般的です。

三文判などに使われる読みやすいものは避けるようにしなければいけません。また、印字の線の太さによって印影の印象は変わってきます。女性には、細い線のほうがすっきりとした柔らかい印象を与えるため人気です。そして細い線にすることでより判読性が低くなるので偽造防止にもなります。

(印鑑の通販購入のメリット)